Jサーキットのマシンはすべてオリジナル製品です!

常々、新居(グループ代表)はアメリカの良いものを日本に紹介したいという願いを持っていました。 そしてJ-サーキットの原型になったサーキットエクササイズこそが、まさに「そのもの」だったのです。サーキットエクササイズは運動の原点 楽しく、誰にもできて、健康に役立つを満たす理想的なものでした。

マシンはアメリカと同じ仕様で良いのでしょうか?

しかし、アメリカと日本では、使う人の体格や体力が違います。またスタジオの広さや環境も違います。アメリカのモデルをそのままもってきても、さまざまな点で使い勝手の悪さが分かってきました。 当初、新居はアメリカで広く使われているマシンは、完成されたものと考えていました。

ところが体験者や会員、スタッフにエクササイズを指導し、また新居自身も何度も何度もエクササイズをするうちに、安全面において、使い勝手やメンテナンスなど改善点が多く見つかりました。

日本人のためのマシンを開発しています

『これではダメだ。自らマシンをつくる以外、本当に良い30分間サーキットエクササイズを自信を持って提供できない。』

多くの時間を費やし、高度な技術を持った信頼できる製作チームとともにJ-サーキットオリジナル仕様の油圧式マシンを作り始めました

使う人の立場に立った機能性と安全性を最優先しながら、細部にまでこだわった色合いや外観を採用し、従来のトレーニングマシンのイメージを一新するものができあがりました。

さらには油圧式マシンのすぐれた特性を利用して、介護予防やリハビリの場面などでも使っていただけるようなマシンも開発しています。



Jサーキットの油圧マシン 使い勝手の悪い油圧式マシン
体(関節)に余計な負担がかからない安全設計で、自然に関節稼働域を広げられる構造。 重い割にはマシンの可動域が狭い。 体(関節)に余計な負担がかかる。
日本人の体格に合わせて作られているので、体にフィットして使いやすい。 アメリカ人の体格に合わせて作られているものがあり、小柄、非力の人には使いにくい。
運動目的に適した形状で、運動部位が認識しやすい。→運動の効果が顕著に出る。 運動目的が把握しにくい形状で、運動部位が認識しにくい。→運動の効果が出にくい。
高品質のオリジナル油圧シリンダを使用しているので、動作感に優れ、適度な抵抗で、油圧式マシン本来のエクササイズを楽しめる。 粗悪な油圧シリンダを使用しているものがあり、動きがぎこちない、一方向だけに動く、適切な抵抗が発生しない、重すぎるなど、油圧式マシン本来の性能を発揮できない。

Copyright(c) 2014 神戸大阪HP制作 NOP規約